中長鶉

中長鶉

いんげん豆の一種。鶉の卵に似た淡褐色の地に赤紫色の斑紋が特徴。我が国では煮豆や甘納豆、外国では煮込みやスープに用いられます。

栄養成分・由来

わが国での本格的な栽培は、北海道の開拓が始まった明治時代からです。アメリカ産の種子が輸入され、現在の北海道大学の前身・札幌農学校で栽培が始まりました。